不動産投資にあたって評判の高い日本財託を利用する

選ばれている理由を知ろう

ウーマン

時間のない人でもできます

効率的に資産を増やしたいと考えているサラリーマンは、マンション経営を選んでいます。その理由は2つあります。1つはサラリーマンは運用に多くの時間をかけることができないということです。株式の信用取引やFXでも大きな資産を築ける可能性はあります。しかし、これらの投資手段はパソコンの前から離れることができません。一方、マンション経営であれば、購入するマンションを選び、契約するときこそ時間がかかりますが、あとは確定申告が手間になるくらいです。つまり、マンション経営はほとんど手間をかけることなく、資産の拡大を図ることができるのです。2つ目の理由は長い期間にわたり借入をすることができるということです。マンション経営において借入をする際には、一般的に、マンションの耐用年数の残期間でローンを組むことができます。耐用年数があと25年残っていれば、25年のローンを組むことができます。長い期間にわたってローンを組むことができれば、レバレッジの効果も長期間発動することになります。あとはローンを組んでマンションを買うということを繰り返していけばよいのです。ローンを組んでいるため、手元資金もそれほど多く必要となりません。この2つの特徴を上手に活用すれば、マンション経営での収入が、サラリーマンとして稼いでいる給与収入を上回ることも難しくはありません。「時間がない」という理由で資産運用を諦めているのであれば、マンション経営を始めてみましょう。