不動産投資にあたって評判の高い日本財託を利用する

転勤中も有効活用する

内観

知識をしっかり持っておく

一戸建てやマンションを購入した後に、転勤が発生してしまい空き家にしてしまう事があります。通常は空き家のままにしておくのは非常にもったいないので、誰かに貸したいと考えます。この転勤の間だけ、物件を貸し出すことをリロケーションと呼んでおります。元々空き家を貸すための法律が整備されていなかったため、リロケーションが一般に広がることはありませんでした。しかし、2000年3月に定期借家権が執行されてからは、次第に広がっていきました。リロケーションを行うに当たり、基本的なメリットとデメリットをしっかり理解しておく事が重要です。まずメリットについてですが、空き家にしている間家賃収入が得られることが大きいです。また、入居者がいればその間部屋の管理をする必要もありません。しかし、入居者が居なければ、入居者を増やすために、家賃や部屋の設備を見直す空室対策を行なう必要があります。オーナーが空室対策を行なうことが一般的ですが、物件の付加価値を高めるノウハウがないと入居者が増えない場合があります。これらの点を踏まえると、リロケーションを扱っている不動産会社へ依頼をすると良いです。不動産会社とは、家賃、敷金といった基本的な条件を確認して、業務委託契約を結びます。その後、入居者を募集して応募があったら賃貸借契約を結びます。このように、空き家を有効活用して家賃収入を得ていけば、家計の助けにもなって大いに助かる事でしょう。